ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果的?口コミと評判まとめ


ネットでデリケートゾーンの黒ずみを調べてみると「ニベア」と出てくることがあります。 一見、ニベアってデリケートゾーンにも効果的なの?!と考えてしまうでしょう。 こちらでは、ニベアがデリケートゾーンの黒ずみ効果的なのかどうかご紹介します。

ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果的なのか?


ニベアはデリケートゾーンの黒ずみに効果的なのか?


デリケートゾーンの黒ずみにニベアは本当に効果的なのか?不安に思っている方が多いのではないでしょうか?

こちらでは、ニベアのデリケートゾーンの黒ずみに対する効果と成分の紹介、美白できない理由もまとめました。

ニベアデリケートゾーンの黒ずみ改善効果は無い

 皆さんもご存知かもしれませんが、ニベアは保湿クリームです。
手や足や顔の乾燥から皮膚を守るためのクリームなので、デリケートゾーンの黒ずみに効果的とは言えません。
ネット記事でもデリケートゾーンの黒ずみにニベアは効果的ではないというものがほとんどです。

しかし、SNSなどの個人の口コミでは、ニベアでデリケートゾーンの黒ずみが改善したというものも少数ですが見受けられます。
ニベアは、結局、デリケートゾーンの黒ずみに効果的なのかどうかは個人によって感じ方が違うのかもしれません。
ただ、効果的ではないという意見が大半です。 

ニベアの成分とデリケートゾーンの黒ずみを美白できない理由

ニベアに含まれる成分は次の通りです。 

  • ワセリン
  •  グリセリン
  •  スクワラン 
  • ホホバ油 
  • その他 

ニベアの成分をご覧になれば分かる通り、どの成分も肌の水分を乾燥させないために有効なものばかりです。
つまり、保湿効果にニベアは優れているのですが、デリケートゾーンの黒ずみを美白する効果はありません。

デリケートゾーンの黒ずみは、メラニンが原因です。
メラニンを美白するには、保湿効果だけでは改善しません。
デリケートゾーンの保湿効果を高めると多少は肌のターンオーバーが改善されるかもしれませんが、それだけでデリケートゾーンの黒ずみが改善される事は無いでしょう。

美白成分がニベアには配合されていないので、そもそもデリケートゾーンの黒ずみを美白する効果は無いというのが美白できない理由です。

デリケートゾーンの黒ずみとニベアの口コミ


こちらでは、デリケートゾーンの黒ずみとニベアに関する口コミをご紹介します。

デリケートゾーンの黒ずみは美白できない

(20代女性) ニベアは以前からお風呂上りに使っていましたが、ひざに塗っていたら黒ずみが少し改善されたのでデリケートゾーンの黒ずみにも使用してみました。 3ヶ月程デリケートゾーンの黒ずみにニベアを使ってみましたが、全く変化が無く美白できないようです。

デリケートゾーンのかゆみは多少改善されたかも

(30代女性) ネットの口コミでデリケートゾーンの黒ずみにニベアが良いというのを見て、ドラックストアでニベアを購入し使ってみました。 以前は冬場になるとデリケートゾーンがかゆかったのですが、ニベアを使うようになってかゆみは多少改善されたもののデリケートゾーンの黒ずみは変化無しです。

6か月使いましたがニベアは効果なし

(20代女性) プチプラのニベアならコスパが良いと思ってデリケートゾーンの黒ずみに6か月使いましたが効果なしでした。 やっぱりニベアは安すぎて黒ずみには高いクリームとかしか効かないかもです。

デリケートゾーンの黒ずみにはニベアは効果が期待できない


ニベアは、どこのドラックストアでも手軽に購入できますし、家にあるという人も多いです。
しかし、残念ながらデリケートゾーンの黒ずみには効果が期待できません。

ニベアの主な目的は、肌の乾燥を防ぎ、肌に含まれる水分が蒸発しないようにするというものです。
つまり、保湿力はすごく高いのですがデリケートゾーンの黒ずみを改善するような美白効果はありません。

ネットの口コミなどでデリケートゾーンの黒ずみがニベアで良くなったというものも見られない訳ではありませんが、たまたま、ターンオーバーや肌の乾燥が改善しただけなのかもしれないです。

デリケートゾーンの黒ずみを本気で改善するならニベアより、美白成分が配合されているデリケートゾーン専用のケア商品を購入した方が良いでしょう。

デリケートゾーン 黒ずみにもニベアが使えるってホント?!


一時期、テレビでスキンケアに使う方法が放送され、またたく間に品薄になったニベア。一説にはフランスの超高級クリームに成分が似ているとも言われています。 デリケートゾーンの黒ずみもニベアを使って自己流でなおしている人がいると聞きますが、一方で効果なしとクチコミをしている人もいます。 インターネットのクチコミサイトでも、効果的だった人もいれば、効果なしの人もいて人によって差があります。ボディクリームとして普及しているニベアは効果があるのでしょうか。

ニベアの成分を徹底解剖!デリケートゾーン 黒ずみに効果はある?


まず、ニベアの成分を見て、デリケートゾーンの黒ずみに効果があるのかを調べてみましょう。

ニベアの成分表

水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸AI、ステアリン酸Mg、硫酸Mg,クエン酸、安息香酸Na、香料 成分表には量の多い順に書いてあります。一番多いのが水で、その次にミネラルオイル。保湿成分として赤ちゃんにも使えるワセリン、美容液として使われるスクワランやホホバ油も配合されていることがわかります。

ニベアには美白有効成分が入っていないことが判明!

デリケートゾーンの黒ずみを解消するための専用クリームには美白有効成分が入っていることが多いです。美白有効成分は厚生労働省が認可した成分で、効果・効能に「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」と書くことができます。できてしまった黒ずみにも効果が高く、デリケートゾーンの黒ずみを解消したい時には専用製品がおすすめされることが多いのもそのためです。 代表的な美白有効成分としては、ビタミンCやビタミンC誘導体、アルブチンやトラネキサム酸があり、医薬部外品には美白有効成分が配合されています。

ただ、ニベアには美白有効成分が配合されていません。そのため、できてしまった黒ずみには効果なしであることがわかりました。ですが、クチコミでは効果ありの人もいます。それはなぜでしょうか。 

デリケートゾーン 黒ずみの原因にもよる!〇〇ならニベアも効果あり!


デリケートゾーンの黒ずみがニベアで改善した人の共通点がありました。

肌トラブルの原因として以下があります。

  • きつい下着によるもの
  • 自己処理でのかみそり負け
  • 身体を洗う時の摩擦
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥

ニベアクリームで改善できたのは「摩擦や乾燥によることが原因のデリケートゾーンの黒ずみ」でした。ボディケアを怠っていて乾燥によって肌トラブルになることもあり、そんな時には保湿力の高いクリームを使うことでデリケートゾーン周辺の肌が保湿されて効果があった人もいます。 

デリケートゾーンの黒ずみにお勧めしたいプチプラな安いクリーム


          

デリケートゾーンの黒ずみに効果のあるプチプラな安いクリームってあるの?

近年若い女性の間では、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人が多くいらっしゃいます。まずはその原因についてですが、メラニン色素が関係しています。例えば紫外線を強く浴びると日焼けやシミになりますが、その黒っぽい色素そのものがメラニン色素です。 さらには日焼けの症状もそうですが、皮膚への摩擦や圧迫など刺激が強いと発生します。とりわけデリケートゾーンの黒ずみに関しては、常に衣服に覆われているので日焼けが原因というのはあり得ません。そこで考えられるのが、ムダ毛処理の際のカミソリによる刺激やお風呂でゴシゴシ洗う時の刺激などです。 その他にも、小さな下着で常に締め付けられた状態でも考えられます。その上乾燥肌の方は保湿成分が少ないので、デリケートゾーンについてもダメージを受けやすく黒ずみも発生しやすくなります。この保湿に関しては、ニベアクリームなどのプチプラな安いクリームでも十分なケアが可能です。

デリケートゾーンの黒ずみには美容クリニックとプチプラな安いクリームのどっちがお勧め?

近年、主要な街の駅周辺には美容クリニックが数多くあります。美容クリニックは、体に何等かの悩みを抱えている女性には助け船のような存在です。例えば二重瞼にしたり鼻を高くする、ホクロを取るといったプチ整形です。デリケートゾーンの黒ずみに関しても同様です。おまけに美容クリニックは、医師免許を持ったれっきとした医師が施術するので安心です。 一方自宅で手軽にできるプチプラな安いクリームを使ったケアはどうなのでしょうか?その場合には、美容クリニックとは違ってすぐに解消されるというものではありません。最低でも数か月程度の猶予が必要です。あるいはメラニン色素の生成を抑えたりする効果がないプチプラな安いクリームだと、全く効果が期待できない恐れもあります。そういう意味では、プチプラで安いクリームであれば何でもよいというわけではありません。

デリケートゾーンの黒ずみに効果の高いプチプラな安いクリームとは?

それではデリケートゾーンの黒ずみに効果の高いプチプラな安いクリームをご紹介してみたいと思います。例えば保湿といえば、真っ先に青い缶に入ったニベアクリームを連想します。このニベアクリームですが、保湿効果は確かにあります。その代わり、デリケートゾーンの黒ずみの正体はメラニン色素です。従ってメラニン色素の生成を抑える美白成分が含まれていないといけません。 すでに申し上げたように、プチプラで安いクリームであれば何でもよいわけにはいきません。一方日焼け止めクリームですが、腕や顔など露出する部分には大変効果があります。その代わりデリケートゾーンの黒ずみには、日焼け以外のものが原因となっています。それは最初に申し上げたようにデリケートゾーンへの過剰な刺激です。従ってデリケートゾーンの黒ずみとかプチプラな安いクリームをネットで検索すると、すでに様々なメーカーが専用のクリームを販売しています。 中でもプチプラで安いクリームとしては、ニベア程安くはありませんが5000円程度で買えるクリームがあります。例えばハーバルラビットやラットベリー・イビザクリーム・ホスピピュア・ホワイトラグジュアリープレミア等です。いずれも保湿成分と美白成分が入っているので口コミでも好評です。                 

I BUILT MY SITE FOR FREE USING